間宮林蔵



江東区



間宮林蔵墓
間宮林蔵は、安永9年(1780、一説に安永4年)、
常陸国(茨城県)筑波郡上平柳村に生まれ、
天保15(1844)年に深川蛤町の家で没しました。
名は倫宋といい、伊能忠敬に測量を学び、寛政12
(1800)年に幕府の蝦夷地御用雇となり、蝦夷
(北海道)をはじめとする北地探検と測量に従事しました。
文化5(1808)年、幕命により松田伝十郎とともに
樺太(サハリン)を探検した林蔵は翌年7月2日
単身樺太からシベリアへ渡って沿海州に入り、
黒竜江(アムール川)をさかのぼりデレンに達しまし
た。この15ヶ月間におよぶ探検で、樺太が島である
ことが明らかとなりました。林蔵は後に間宮海峡と
命名される海峡を欧州人にさきがけ発見したことにより
地理学者、探検家として世界的に有名となりました。





戻る