前田城址


               前田城址
                   
名古屋市中川区前田西町(速念寺)

                         前田速念寺の由来
                ここはもと海東郡前田村と言い、前田城があり、前田
                氏発祥の地である。利家公も前田で生まれ、幼少に
                して前田城の出城、新設の荒子城に移って成長した
                というのが寺伝である。前田氏は菅原道真公を祖と
                仰ぎ、梅鉢の紋を用いる。前田氏は織田信長に属し、
                西に蟹江城、東に荒子城、南に一色城、等を支配し、
                前田城はその中心であった。
                前田城は、天正12年長久手の合戦ののち、秀吉方
                についたため、家康方の攻撃を受け落城、城主前田
                与十郎は蟹江で討死。その子長種は北陸にのがれ
                て利家に仕え、一万石(のちに二万石)を得た。利家
                の長女幸(こう)を妻とした。利家の叔父前田利則は、
                出家して意休と号し、浄土真宗速念寺初代となり、
                速念寺は前田氏の鎮魂の寺となった。

                

            前田利家の出生地については、前田城で生まれ7歳の時、
           荒子城に移ったという説と荒子城で生まれ育ったという2説
            がある。                               

                      前田利家
            織田信長に仕える。賎ヶ岳の戦いでは、柴田勝家を離れ、
            豊臣秀吉につく。五大老の一人。               
            秀吉死後は秀頼を補佐するも、関ヶ原の前年1599年亡く 
            なる。                               
            子の利長は関ヶ原の戦いで東軍に属し、所領安堵。
   

                        前田与十郎の墓
              


                           戻る