久徳の一里塚






一里塚
徳川家康は幕政の基盤を固めるため、全国主要街道の
整備に努め、慶長9年(1604)には、その路程標として一里
塚を築かせた。一里塚ちは、一里(約4q)ごとに街道
の両側に5間(約9m)四方の塚を築き、その頂に榎など
を植えたもので、旅人の里程の目安となり、乗り賃支払い
の基準とされたほか休息の場でもあった。この一里塚は、
東海道と中山道を結ぶ美濃路に築造されたもので、南側だけ
であるが榎が残るなど、ほぼ原形に近く貴重な史跡である。



戻る