草津宿



滋賀県草津市・名神草津PA

江戸時代のころ、草津は江戸城と京都御所を
結ぶ東海道の52番目の宿場町であり、
木曽へ向かう中山道との分岐点でもあった。
名神・東名の高速道路でつながった今も、
ここ名神草津PAは宿場を思わせるたたずまいで、
むかしの草津宿の雰囲気をかもしだしている。

戻る