久能山徳音院



静岡市駿河区

久能山徳音院縁起
徳音院は徳川家康をはじめ3代将軍に仕えた南光坊天海
(慈限大師)により開かれたお寺です。御本尊は家康ゆかり
の薬師如来で、そのほか不動明王、財福聖天、厄除開運の
両大師をおまつりする駿河の霊場です。徳川家康は元和
2年4月17日に亡くなり遺命により久能山へ納められました。
家康を神様としてお祀りするにあたり、将軍秀忠は天海の
主唱する山王一実神道で東照大権現の神号をいただき、
元和3年4月に天海大僧正により、日光山に改葬されました。
家光の代には久能山にも社殿及び寺院ができ、徳音院は
その学頭として江戸時代は栄えておりました。ところが、
明治になって山上の寺院は取り壊されて、麓の徳音院
だけが元三、慈眼両大師堂として残されました。




戻る