久保山砦



小牧市久保一色

天正12年(1584)の小牧・長久手の合戦で、秀吉方
の砦が築かれた。熊野神社一帯が砦跡で、東西
八間、南北十間の規模であったという。秀吉の
武将丹羽五郎左衛門長秀が守備した。長久手
の合戦後秀吉自ら久保山砦に来て、全軍
を率いたので、一名太閤山とも呼ばれている。

熊野神社





戻る