弘文天皇


                            自害峰の三本杉

                     
                               不破郡関ヶ原町藤下

                                  自害峰
                     壬申の乱に敗れた弘文天皇は、大津の山前で自害
                     されました。
                     東軍の武将村国男依は、天皇の首をいただき不破
                     の野上に帰り、天武天皇の首実検のあと、この丘陵
                     に葬ったと伝えられています。

                               自害峯の三本杉
                     壬申の乱(672)は天智天皇の子・大友皇子と同天
                     皇の実子大海人皇子との間で起きた皇位継承争い
                     でした。
                     その戦はこの辺りから始まり、その後近江の瀬田で、
                     大海人軍は大友軍を破ったのです。
                     ここは自害された大友皇子の頭が葬られていると伝
                     えられ、弘文天皇御陵候補地です。三本杉がそのし
                     るしとなっています。

                     
                            現在の自害峰からの眺め


                     
                                 大津市

                     
                                 大津市

                                  戻る