小西行長


小西行長陣跡
小西行長陣跡
岐阜県不破郡関ヶ原町

小西行長は、ここ北満天山に4千余の兵を率いて参戦。
午前8時ごろ、開戦開始ののろしをあげ、味方に合
図をすると共に、西軍主力の一つとして勇戦。
しかし、小早川らの裏切りの衝撃は小西隊の
混乱を招き、乗じた本多隊の襲撃で、兵士達が
敗退しはじめたのは午後1時過ぎであった。

関ヶ原古戦場開戦地
関ヶ原古戦場開戦地
岐阜県不破郡関ヶ原町

1600年9月15日、霧が薄くなり、視界も広がった
午前8時、先鋒の福島正則は井伊隊の旗の
動くのを見て、先陣の手柄を取られてなるものかと、
宇喜多隊へ一斉射撃を浴びせた。一方、井伊隊も
福島隊におくれまいと島津隊に向って攻撃を開始し、
合戦のひぶたが切って落されたのがここである。



小西行長之墓

岐阜県不破郡垂井町岩手・禅幢寺

明泉寺


竹中家ゆかりの寺である明泉寺の裏の竹やぶに、
小西行長の首塚と伝えられるものがあるとのこと。


戻る