小出秀政


小出秀政邸跡
小出秀政邸跡
名古屋市中村区豊端町

小出秀政は、秀吉と同郷の出身で、和泉国岸和田
3万石を領せられ、検地奉行、蔵入奉行として仕え
のち片桐且元とともに秀頼の守り役を勤めた。
長子吉政は、但馬国出石の城主となり、関ヶ原合戦に
は西軍に加わったが、次子は東軍に加わって戦った。



岸和田城


大阪府岸和田市






戻る