小林城跡


                
                          名古屋市中区大須4

                              小林城
                天文(1532〜55)のころ、尾張の守護・斯波氏の一族
                である牧長清が居城し、前津小林千石を領した。
                長清は織田信長の妹を妻にして織田氏とも縁が深か
                った。夫人は人々から親しみを込めて、小林殿と呼ば
                れていた。
                長清は老後、参禅して仏門に帰依し、その死後、小林
                城は廃城となった。城跡は、2代尾張藩主光友の剣術
                師範を務めた柳生新陰流の達人、柳生兵庫の屋敷地
                となった後、元禄年中(1688〜1704)、ここに清浄寺が
                建てられた。

                             清浄寺
                

                          城主牧氏墓地
                

                



                              戻る