吉川広家

                           吉川広家陣跡
                 
                        岐阜県不破郡垂井町宮代

                 毛利元就の次男吉川元春の子。
                 文禄・慶長の役では、石田三成と対立。
                 関ヶ原合戦では、西軍の敗北を予想しながら、本家
                 の輝元が西軍に属したため、主家の存続をはかり、
                 東軍に内通する。
                 合戦当日、南宮山のふもとに陣を構え、毛利隊が合
                 戦に参戦するのを押し止める役割を果たす。
                 しかし、合戦後は広家の思惑がはずれ、毛利氏は大
                 幅に領地を削減された。

                 毛利輝元・吉川広家・小早川秀秋の関係


                                   毛
                                   利
                                   元
                                   就
                      ______    ____ |
                    |  |    |  |  |
                 豊  北  木   小  吉  毛
                 臣=政  下   早  川  利
                 秀  所  家   川  元  隆
                 吉     定   隆  春  元
                        |   景  |  |
                        |   |  |  |
                       秀 → 秀  広  輝
                       秋 養 秋  家  元
                          子

                 
                 吉川広家陣跡は岐阜県立不破高等学校の隣にある。

                       

                              戻る