岸和田城



岸和田市



岸和田城の変遷
建武元年(1334)楠正成の一族和田氏が、当時「岸」
と呼ばれていたこの地に城を築き、根拠地としたこと
から「岸の和田氏」と呼ばれ、「岸和田」の地名の起
こりになったといわれています。その後、信濃氏、
細川氏、三好氏、松浦氏、中村氏、小出氏、松平氏
とかわり、寛永17年(1640)岡部宣勝が入城、以来
13代続き明治を迎えました。文政10年(1827)、雷火
により五層の天守閣が焼失し、昭和29年(1954)、
その後に三層の天守閣が復興されました。城跡は昭和
18年(1943)に、大阪府の史跡として指定されました。





カメラ
デジカメがお勧め。
案内板なども後でゆっくり
読めますよ。拡大もできるし。
でも、フラッシュには気を付けてね。
案内板がフラッシュで光って
読めないことがありますので。








戻る