木戸孝允


桂小五郎

京都市中京区河原町御池

明治初期の代表的政治家。
長州萩藩出身。通称桂小五郎。
薩長連合には、長州藩代表となり、大久保
利通らと王政復古を実現する。五箇条の
誓文起草に関与し、版籍奉還を首唱。

戻る