川手城


                 
                           岐阜市正法寺町

                 美濃源氏は平安末期から鎌倉時代にかけて、美濃
                 各地から土着した清和源氏の一族である。なかでも
                 光衡は、源頼朝に従って軍功を挙げ、東美濃の地土
                 岐に土着し、土岐氏と名を改め、現瑞浪市一日市場
                 に居住し、屋敷に源氏の守り神の八幡神社を祭る。
                 そして、美濃国守護職(1189)となって、鎌倉幕府と
                 共に栄え、土岐源氏の祖となった。

                 光衡の子光行は、源実朝に仕え池田親九郎追討の
                 軍功(1216)を上げ左衛門尉となる。土岐市浅野に
                 住み東美濃を統一した。その子光定は、土岐惣領を
                 継ぎ土岐市浅野に住み、執権北条貞時の娘を妻にし
                 て、隠岐守となり土岐氏隆盛の基となる。土岐中興の
                 祖となる土岐頼貞は、光定の子、母は北条貞時の女
                 で執権北条高時の兄妹、土岐惣領を継いだ頼貞は、
                 文武に秀で人物豊かで、その子頼清や頼遠と共に、
                 1333年に後醍醐天皇の令旨に応じ、足利尊氏と共
                 に鎌倉幕府打倒に功を挙げた。

                           済美高等学校
                 
                       グランドに城跡碑がある。

                 その後、建武新政の不満に兵を挙げた足利尊氏に
                 従い数多くの軍功「土岐絶えば幕府(足利)絶ゆべし」
                 「諸家の頭、筆頭の頭」と信任を深くし、西美濃をも治
                 めて美濃国守護の地位を築き、現瑞浪市一日市場、
                 現土岐市大富にその居館を構え、11代続く守護職の
                 初代となる。

                 第2代守護職土岐頼遠は、父頼貞と共に足利尊氏に
                 従って数々の軍功、現土岐市大富に住みしが、辺地
                 なればと現岐阜市南長森に長森城を築き居住。頼遠
                 は功に募りて驕慢、1342年持明院(後光厳上皇)に
                 無礼を働き断罪される。

                 

                 第3代守護職土岐頼康は、土岐頼遠の後を継いで土
                 岐惣領となる。足利尊氏の命により信州・予州の平定、
                 その軍功により美濃・尾張・伊勢の3ヶ国の守護職とな
                 る。長森城は所狭きをもって1353年6月、現岐阜市川
                 手に革手城を築きこれに移った。別名革手府。土岐源
                 氏の名声と実力は最高に至った。

                 この城は、旧木曽川と現荒田川を改修し天然の地の利
                 を生かした広大な城地で、七堂伽藍をもつ霊薬山正法
                 寺・源氏守護神八幡神社をはじめ、神社仏閣、数多くの
                 平屋建築の城郭というより都風の建物であったと推定さ
                 れる。革手城が都風となって繁栄したのは、建武の新政
                 の失敗と応仁の乱である。都を追われた公家・百官・天
                 上人が地方の守護職を頼って寄宿したことにある。これ
                 らの人々を受け入れるだけの余裕があったのは、西の
                 大内氏と東の土岐氏である。これらの人達は、都に帰る
                 日を待ちながら詩歌・蹴鞠・能楽など、都文化の花を咲
                 かせた。当時革手付近は「柳に桜をこきまぜて」錦を飾
                 る京洛中の態に異ならざる盛んな有様であった。

                 こうして築かれた革手府文化は、1494年の船田の乱
                 によって3日3晩燃え続ける戦乱によって灰塵となった。
                 斉藤道三は岐阜城に本拠をもち革手城は廃城となる。
                 その上、徳川家康は加納城築城に土砂まで使用し、川
                 手城は跡形もなくなった。当地は、城のほぼ北隅の地と
                 推察している。以後400年間、あちこちの集落に残され
                 た宮後は、鎮守の森とて村の善男善女に守られ受け継
                 がれてきた。明治以降、現神明神社に合社されている。



                               戻る