川崎東照宮



大阪市北区天満−丁目24

川崎東照宮跡
元和2年(1616)に徳川家康が没すると、
その子で江戸幕府の二代将軍である秀忠は、
家康を東照大権現という神様としてまつり、
各地に東照宮という神社を建てることを命じた。
大阪には、翌年、この滝川小学校の地に、
当時の大阪城代である松平忠明たちに
よって東照宮が建てられた。一説としては
豊臣氏をうやまう大阪の人々の思いを薄れさせる
ために建てられたものともいわれる。
一般の町人は、日ごろ東照宮の境内に入ることは
許されなかったが、毎年家康の命日である4月17日を
中心に5日の間にわたって行なわれた権現まつりの
ときは、特別におまいりすることができた。
明治6年(1873)になって川崎東照宮は廃された。



滝川小学校



戻る