加藤光泰


                    
                                岐阜市黒野

                    黒野城跡は加藤氏の居城で、面積17,523u、本丸
                    築堤の高さ5.4mあり、その周囲の濠は水をたたえて
                    昔の面影をよく残している。
                    西南に入口付近には今でも城門の礎石があり、周辺
                    には惣門口・木戸・二之丸・井之上・徳田屋敷などの
                    地名が残っている。
                    加藤光泰は、はじめ斎藤龍興に仕えていたが、斎藤
                    氏の滅亡後は織田、豊臣氏に仕え甲斐国甲府城主
                    として、24万石を領したが、朝鮮の陣中に没した。
                    その子左衛門尉貞泰は幼く領地を減され、1594年7月
                    甲府城より黒野城に移って4万石を領した。
                    関ヶ原合戦には東軍に属し、1610年まで15年間、居
                    城としていたが、同年7月伯耆国米子6万石に移封と
                    なり、黒野藩は短期間で終わった。
                    1617年伊予国大洲城に移り、左近大夫と名を改め、
                    1623年5月に没した。


                    

                                田中砦
                    
                                小牧市東田中

                       田中砦は小牧・長久手の戦いの際、
                       秀吉方によって築かれた砦である。
                       堀長政、蒲生氏郷、加藤光泰らが守る。

                                 戻る