片桐且元


                              片桐且元公頌徳碑
                    
                               長浜市須賀谷

                            片桐且元の里須賀谷
                    五大山城の一つ、小谷城は城主浅井亮政・久政・
                    長政三代の居城であった。浅井久政は築城の折、
                    この地を家臣の屋敷地と定め、地名を撰んだ。家臣
                    の片桐孫右衛門(且元公の父親)は、この山の谷に
                    鷹の巣をかける岩があることから、巣ケ谷と改めた。
                    (今の須賀谷)
                    片桐且元公は、弘治2年(1556)に生まれ、この里
                    で育った後、羽柴(豊臣)秀吉の小姓として仕え、
                    賎ケ岳の戦功を始め、豊臣家の重臣として、多大の
                    功績を残し、大坂夏の陣後、京都で病死。60歳。
                    京都の玉林院に葬られている。
                    神明社は、城主の久政が、天文17年(1548)に建立
                    し、現在は当地の氏神として崇拝されている。
                    観音堂跡は、小谷城三代の守り本尊である。仏像
                    が、落城での難を避けるため、且元公が城主・長政
                    の命を受けて、この地に運び降ろし、後ここで祀った
                    堂跡とその石積みである。


                    

                    

                   豊臣秀吉に仕え、賤ヶ岳の戦いでは七本槍の一人
                   として有名。
                        七本槍の勇士
                   七本槍の勇士
                                   滋賀県伊香郡木之本町

                   秀吉の死後、淀君らと不和になり、茨木城に隠棲。
                   大阪夏の陣では徳川方に属する。

                               竹生島
                   
                              長浜市・竹生島

                   伏見城から都久夫須麻神社本殿等の移築をした際に
                   片桐且元が手ずから植えたとされるモチの木がある。
                   樹齢約400年。


                    豊臣秀頼 淀殿ら自刃の地
                  豊臣秀頼 淀殿ら自刃の地

                           大阪市中央区大阪城

                   秀頼と淀君の自刃から20日後に、この世を去る。60歳。
                   切腹ともいわれる。

                            

                               誓願寺
                   
                             静岡市駿河区丸子

                   豊臣家の重臣で、賎ケ岳七本槍の勇士でもあった
                   片桐且元は、京都方広寺の鐘に刻まれた「国家安康」
                   の文字について、駿府城の徳川家康に申し開きのた
                   め、この寺に滞在していた。有名な方広寺大仏鐘銘
                   事件である。しかし、家康には且元の意がくまれず、
                   遂に大坂冬の陣を起こし、続いて翌年元和元年5月
                   の大坂夏の陣で、豊臣家は亡びてしまうのである。
                   境内には、子孫の片桐石見守貞昌によって建てられ
                   た且元夫妻の墓が、二基仲良く並んでいる。

                   

                             方広寺
                   

                   
                        京都市東山区大和大路正面茶屋町


                                  戻る