柏原宿



滋賀県米原市柏原

中山道柏原宿
ここ柏原宿は、お江戸日本橋より中山道69宿
(草津宿で東海道と合流)の内61番目にあり、
約112里(1里は3.9km)、京までは約21里のところ
にある。江戸時代は、随分栄えたもので、宿場とし
ての業務もかなり苦労が多かった様である。
幕末広重画く柏原宿の看板は、何と言っても
「伊吹もぐさ」の老舗伊吹堂で、現在の建物そのまま
である。当時「伊吹もぐさ」を商う店は十指に余り、
中山道有数の宿場名物となっていた。現在は一軒
だけとなっている。柏原宿は、規模が大きく、69宿中
宿高で4番目、宿場の長さ13丁(1420m)は10番目、
戸数人口もこの辺りでは東の加納(岐阜市)、西の
高宮(彦根市)に次ぐ宿場である。しかも旅籠屋(旅
人たちの宿場)は、隣接との距離が近かったにもか
かわらず、22軒もあった。現在、一軒も残ってい
ないのは残念である。本陣、脇本陣は、それぞれ
一軒、問屋(人馬、荷物の継ぎ立て一切を行う)は、
当宿には6軒(開宿当時は20軒を数え、幕末
になると、普通各宿多くて3軒までなのに、関ヶ原
から番場までの5宿は、それぞれ6,7軒あった)、
その問屋を補佐する年寄(村役人)は8軒あり、造り
酒屋も一時は4軒もある盛況であった。この宿は、
古くより東町・市場町・今川町(箕浦と言ったことも
ある)及び西町の四町からなり、宿場機能の中
枢は市場町でした。一つの宿場び4社も氏神があ
るのはそのためである。又、お寺の多いこと
でも有名で、ひと頃は三十ヶ寺を越え、現在も
十五寺と三堂がある。中世京極道誉の随臣、
箕浦氏が400年柏原を守った居城跡(柏原箕
浦城跡)、近世徳川家光により創建された柏原
御茶屋御殿跡(地名として残る)等がある。
宿場からは外れるが、織田信長が宿泊した
成菩提院は、天台談林三箇随一と言われた
名刹で、盛時には、60坊を数えたという、
国指定重要文化財等豊富である。
また、宿場の東約13丁の地に江濃国境があり、
有名な寝物語の里(長久寺)がある。この様な
柏原宿であるが、しだいに昔の面影が消え、今に
も忘れ去られようとしている。せめてもの思いに、
下図の様な復元図(山東町史附図)を掲げた。





柏原宿高札場跡






伊吹堂


柏原御茶屋御殿跡


柏原宿歴史館


柏原銀行跡


郷宿跡


柏原一里塚(復元)


一里塚は、旅人の里標の目安・駕篭・馬乗り賃金
の目安と旅人の休息場所として造られた。
慶長9年(1604)、徳川家康の命をうけ、秀忠は
まず東海道と中山道・北陸道で一里塚築造に
着手した。そして奉行には永井弥右衛門白元・
本多佐太夫光重を任命、江戸は町年寄の樽屋
藤左衛門・奈良屋市右衛門、街道沿いでは天領
は代官、私領は領主に工事参加の沙汰が出され
た。工事現場の総監督はすべて大久保長安が
担当した。一里塚の規模は、五間(9m)四方に
盛土して、1本または複数本の木が植えられた。
おもみ榎が選ばれた。成長が早く根が深く広く
張って塚が崩れにくい利点から採用された。
柏原一里塚は、江戸日本橋から数えて115番
目で柏原宿内の西見附近くに街道を挟んで北
塚と南塚ががあった。(両塚とも現存しない)
北塚は、街道沿い北側で、愛宕社参道の石段
東側(現中井町集会所)の場所にあった。南
塚は、街道を横切る接近した二筋の川のため、
やむを得ず東側の川岸で街道より奥まった所に
築かれた。(現在では大幅な河川工事が行われ
たので、この地点から東寄りの河床の位置
になる。)なお、江戸時代も刊行の道中記等を
見ると、両塚とも3本の榎が描かれている。





戻る