化政文化


17世紀の大阪を中心とした元禄文化に代わり、この
時代江戸を中心とした町人文化がさかんになってき
た。これが化政文化である。 文化のにない手が
都市の豪商だけでなく庶民までふくみ、地方にまで
文化が広がったことも、この文化の特色である。

葛飾北斎大達磨揮毫の地

名古屋市中区

西別院


文化14年(1817)10月5日、名古屋に滞在中の
江戸の浮世絵師葛飾北斎は、ここ本願寺別院
(西別院)において、120畳敷の料紙に達磨の
大画を描き、町中の話題をさらった。この日、
彼は昼ごろから書き始め夕方には完成したといわ
れる。昭和20年、この絵は惜しくも戦災のため
失われるが、当寺の催しを知らせる引札(宣伝
ビラ)が名古屋市博物館に保存されている。

葛飾北斎1760-1849
浮世絵師。

名古屋市美術館の案内板


アメリカ「ライフ」誌のアンケート「この千年で最も重要な
功績を残した世界の百人」で、葛飾北斎が、日本人
として唯一選ばれている。世界の北斎なのである。


四世鶴屋南北宅跡


四世鶴屋南北
四世鶴屋南北は、江戸戯作界の第一人者で、大南北
と称されました。宝暦5年(1755)、日本橋新乗物町(
中央区)に生まれ、文政12年(1829)11月27日、黒船
稲荷地内の居宅で没しました。享年75歳でした。
幼名を源蔵といい、父親は紺屋の型付職人でしたが、
狂言作者を志し、家業をすてて初代桜田治助の門下
に入りました。安永6年(1777)、桜田兵蔵の名で作者
として初めて中村座に名がでました。天明2年(1782)
に勝俵蔵と改め、文化元年(1804)河原崎座の「天竺
徳兵衛韓話」で大当たりをとり、作者としての地位を確
立させました。以降、「心謎解色系」、「謎帯一寸徳兵衛」
などの作品を次々に発表し、当代随一の名作者とうた
われ、文化8年(1811)、鶴屋南北を襲名しました。
その後、「お染久松色売販」、「東海道四谷怪談」
などの傑作を書き続けました。また、代表作「東海道
四谷怪談」の中に、砂村や深川三角屋敷(深川1-5)
をとり入れるなど、本区とかかわりの深い戯作者です。


東京都江東区牡丹

横井也有出生地


横井也有出生地
元禄15年(1702)この地で生まれ、名は時般といい、
通称は孫右衛門といった。用人、寺社奉行など尾
張藩の要職を歴任し、宝暦4年(1754)、53歳の時
病気を理由に隠居し、天明3年(1783)、82歳で没す
るまでの30年間、城南前津(現在の中区前津1)の
草庵で吟詠、自適の生活を送った。多才多能の人
で、とりわけ俳文に優れ、尾張の俳壇に大きな影
響を与えた。代表的著作に「鶉衣」がある。なお、
横井孫右衛門家は也有隠居前後に屋敷を現在
の中区丸の内二丁目に移した。

愛知県図書館

名古屋市中区三の丸


歌川広重

日本橋雪中

名古屋市中区錦・三菱UFJ銀行貨幣資料館


滝沢馬琴

東京都江東区



滝沢馬琴誕生の地
江戸時代後期の小説家。明和4(1767)年6月9日、
旗本松平信成の用人を勤める下級武士の五男
として、この地にあった松平家の邸内で生まれ、
嘉永元年(1848)11月6日82歳で病没する。

戻る