刈谷城


                 

                              刈谷城
                 亀城公園は、旧刈谷城の本丸と二の丸の一部にあた
                 る。刈谷城は天文2年(1533)水野忠政の築城で、亀
                 城とも呼ばれ、徳川家康の生母、於大の方の育った城
                 である。
                 城主は、水野家のあと、水野(分家)、松平(深溝)、松
                 平(久松)、稲垣、阿部、本多、三浦と続き、土井家が2
                 万3千石で廃藩まで在城した。
                 廃藩後、一時、国の所有となった刈谷城は旧士族に払
                 い下げられ、昭和11年(1936)には刈谷町がこれを譲り
                 受けた。昭和16年(1941)太平洋戦争が勃発、戦争末期
                 には城跡の高台が高射砲陣地となり、うっそうとしていた
                 大木も切り払われ、荒れ果てた姿となった。しかし、戦後
                 しだいに整備が進められ、昭和44年に至り、当時愛知教
                 育大学助教授であった大野元三氏の構想により、高台一
                 帯を日本庭園に造成し、その後も度重なる整備により、
                 現在の亀城公園となった。現在は桜の名所として知られ、
                 四季おりおりの花も美しく、小鳥のさえずりも聞こえる由緒
                 ある公園である。

                 

                 
                 刈谷城址碑の隣には、豊田佐吉の胸像がある。

                 豊田佐吉は慶応3年(1867)遠江国敷知郡山口村
                 (現静岡県湖西市)に生まれ、昭和5年に没するまで、
                 織機の改良考案に没頭し、発明特許84件、実用新
                 案35件、外国特許13件等輝かしい業績を残している。
                 大正12年(1923)に、刈谷町に10万坪の土地を購入し、
                 豊田紡織株式会社を設立し、新しい自動織機200台で
                 営業試験を開始した。同15年には、豊田自動機械製
                 作所を創立し、刈谷の工業化の基礎を築いた。

                                戻る