金ヶ崎の退き口



福井県敦賀市

通説では、この時殿軍に自ら名乗りあげたのが
秀吉であったが、信長の命により徳川家康や
明智光秀も秀吉と共に戦っいる。



元亀元年(1570)4月25日織田軍敦賀へ進撃
金ヶ崎城の戦い
小豆に秘めた利家と秀吉の出世合戦
元亀元年4月信長は朝倉氏を攻め、まずここ
金ヶ崎城を攻めた、戦いは前田利家の先陣、
木下藤吉郎の活躍で天筒山城、金ヶ崎城
と相次いで落城、木の芽峠を越えて攻め入
ろうとした時、お市の方(浅井長政の妻・
織田信長の妹)より袋の両方を縛り、小豆の
入った袋が届けられた。「袋のねずみ」・・・・
浅井氏が朝倉氏に味方する意味であったか。
信長は窮地に陥り、急遽、藤吉郎に殿を、
利家には供を申し付けれ撤退を命じた。
大きな仕事の場を与えられた藤吉郎と主人に
供することの出来る利家と、出世合戦をする
2人にとって、どとらもうらやましかったに
違いない。後に「藤吉郎の金ヶ崎退き口」と
言われるこの戦いは、現代人にも相通ずる
ことの出来る歴史であろう。

金ヶ崎城


焼米出土地


焼米石出土跡
この付近は戦国時代、金ヶ崎の兵糧庫があり、
織田・朝倉の攻防戦で落城の際、倉庫は焼け
落ち、その焼米が後に出土したと伝えられている。




戻る