加賀野井城


                   
                        岐阜県羽島市下中町加賀野井

                   この城の築城年代は明らかではないが、天正年間
                   (1573〜1591)には、加賀野井弥八郎秀望が織田
                   信雄の臣下となり、415貫文(1万石)を領して城主
                   となっていた。
                   本能寺の変(天正10年・1582)の後、豊臣秀吉と主
                   筋織田家との間に対立が生じ、天正12年4月長久手
                   において戦ったが、豊臣方の大敗となり、翌5月緒戦
                   の雪辱のため一転して当城を攻撃した。城中には信
                   雄の招兵2000余騎も加わり必死に防いたが、豊臣方
                   10万の大軍の前に抗しきれず、城の明け渡しと、助
                   命を条件に講和を申し入れたが、秀吉は受け入れな
                   かったそのため、5日夜陰に乗じ大手門より打って出
                   て、最後の決戦を試みた。衆寡敵せず城兵は枕を並
                   べて討死し、城主は辛くも脱出して関東にのがれて
                   落城する。

                   


                                 戻る