野一色頼母




兜塚
この墳丘は、関ヶ原決戦の前日(1600年9月14日)、
杭瀬川の戦に笠木村で戦死した東軍・中村隊の武将
野一色頼母を葬り、その鎧兜を埋めたと伝えられて
いる。以後、この古墳は兜塚と呼ばれている。








戻る