一柳直盛


                          黒田城
               
                 
愛知県一宮市木曽川町黒田(黒田小学校)

                         
黒田城
               一宮市木曽川町黒田、黒田小学校付近、山内氏
               の退去後は、織田広良が入城し、次いで和田新介、
               和田八郎、織田信雄配下の澤井雄重が城主となっ
               た。
               信雄が失脚すると、秀吉家臣の一柳直盛が置かれ、
               慶長5年(1600)に転封されるまで使用された。
               現在遺構は残らないが、絵図によれば、城は野府川
               を北の備えとし、東には後の岐阜街道を押さえていた。
               中心に位置する主郭には天守に相当する櫓があった
               と考えられている。



                              戻る