一色城

       一色城址
                              愛知県稲沢市片原一色町
                             
名古屋上水道沿い
                         天文年間:橋本氏
              應永の頃より橋本伊賀守の居城で八代に及んだ。中
              でも道求は信長に道一は秀吉に鉄砲をもって仕えた
              勇将であった。
              元和元年(1615)に廃城となる。


               
浮野合戦場址
       
                     一宮市千秋町浮野
            豊臣秀吉の御台所ねねの父である林弥七郎は
            一宮市浅野村の住人で、信安の家臣のうちで随一
            の弓の名手であったが、旧知の間柄である鉄砲の
            名手橋本一巴(信長の鉄砲指南役)とわたり合い、
            鉄砲と弓で相打ちとなって双方共に討ち死にをした。
                     浮野古戦場史跡保存会パンフより

       


                       

          作者の山本兼一氏は「利休にたずねよ」で第140回の
               直木賞を受賞。


                          戻る