尾張国分寺跡

                       

                       

                       


                       
                               愛知県稲沢市矢合町

                     

                     
瓦の調達は若宮瓦窯が判明している。

                               若宮瓦窯

                       
                               名古屋市昭和区広路通

                       塩付通りと広路通りが交差するあたりに若宮瓦窯

                                  国分寺
                      奈良時代に全国66ヵ国と3島に建立された、朝廷発願
                      の寺院。僧寺を金光明四天王護国之寺と称し、奈良の
                      東大寺を総国分寺とした。尼寺は法華滅罪之寺(国分
                      尼寺)と称し、奈良法華寺を総国分尼寺とした。737年
                      の疫病流行などにより、かねて地方における政教一致
                      を企図した聖武天皇が741年、国家安穏、五穀豊熟を
                      念願して、建立を発願する詔を発した。寺地は国府の
                      近くとして国司の支配下に置き、七重塔を建て、金光
                      明最勝王経、法華経各10部を書写して納め、封戸と水
                      田を施入。僧寺には僧20人、尼寺には尼10人を置いた。
                      760年代半ばごろほぼ全国的に完成した。だが、定額
                      寺の建立などで国分寺の担った鎮護国家の仏事が軽
                      減されると次第に存在意義が薄れ、平安中期より衰退
                      し、室町時代にはほとんど遺構を残すのみとなった。

                                      日本史事典(平凡社)参照

                       


                              名古屋市博物館
                       
                               名古屋市瑞穂区
                       名古屋市博物館では、律令体制のなかに組み込ま
                       れてゆく「尾張国」や、尾張に仏教が受容されてきた
                       ようすを、瓦や仏像を通 して見ている。

                                    東大寺
                       

                       
                                    奈良市

                                 美濃国分寺跡
                       
                                  大垣市青野町

                       

                       美濃国分寺は、美濃国府(垂井町府中)や不破関
                       (関ヶ原町松尾)に近い、青野ヶ原の景勝の地に建
                       立された。背後に山がひかえ、南は東山道に面して
                       建立された。
                       国分寺は、わずかに塔跡を残すのみで埋もれてい
                       たが、昭和43年からの継続的な発掘調査によって
                       伽藍の全容が次第に明らかとなった。伽藍地は
                       東西230m、南北250m以上を占め、伽藍の配置は、
                       塔を回廊内に建てる古式の様式をもち、建物基壇は
                       せん積みという特異な形であった。
                       創建期の国分寺は、仁和3年(887)の火災によって、
                       伽藍の全てが焼失し、一時席田郡(現 本巣市旧糸
                       貫町管内(推定))に定額尼寺にその機能を移したが、
                       その後この地に再建されたものと考えられる。以後、
                       幾度となく堂宇の修理がおこなわれたようである。
                       なお、国分尼寺跡は、国分僧寺であった、ここみ美
                       濃国分寺跡の西方約700mの垂井町平尾にある。

                       
                                岐阜県大垣市青野町

                       尾張国分寺跡はどれくらいの規模だったのだろうか。

                                     戻る