大塚古墳

                         
                                    稲沢市大塚南

                                     大塚古墳
                         直径40m、高さ5m幅7m、深さ1mの堀のある円墳
                         で現在の上部(厚さ1〜3m)は鎌倉時代以降の盛土
                         である。
                         出土の埴輪から古墳時代中頃(1500〜1400年前)
                         に築かれたと考えられる。

                           大塚古墳からの大塚山 性海寺の眺め
                         


                                     戻る