鎌倉街道


河曲橋

稲沢市子生和町

鵜沼川の分流に架けた鎌倉街道の橋であった。源平盛衰
記に源行家が下津に陣し此処で決戦したと伝え、張州府
志には、尾張藩主徳川義直がこの橋を架けたという。

子生和町は照手姫がこの地で安産したという伝承に因む。

鎌倉街道

愛知県稲沢市下津蛇池町

鎌倉街道
この地は古く折戸の宿といって鎌倉街道が通り、交
通の要路を占めて戦国時代には、下津城も築かれ
たが、西方に岐阜街道が整備されるとともに街並も
移転して、街道としての機能を果たさなくなった。

住吉神社

愛知県稲沢市下津蛇池町

四ッ家追分

稲沢市井之口町

下津、一宮、黒田を経て岐阜へ向かう鎌倉街道、
後の岐阜街道と稲葉、萩原、起を過ぎて垂井へ
向かう美濃街道との分岐点である。
長光寺前の道標はかってここに建てられていた。


稲沢市六角堂東町

長光寺の前に一本の道標が建てられている。
読めないところもあるが、資料によると「左京都道
大垣道」「右ぎふ並浅井道」とのこと。
四ッ家追分にあった道標がここに移されている。



戻る