伊奈忠次


西方寺

西尾市小島町

徳川家康の嫡男・信康に仕えるが、信康が武田氏
との内通の罪により自刃し、出奔し、和泉国堺に
在する。本能寺の変時、堺を遊覧中の家康の
伊賀越えに貢献し、父忠家の旧領小島を与え
られる。家康が江戸に移封したのちは関東
代官頭として、家康の関東支配に貢献する。





城山稲荷碑






戻る