生駒親正・一正


                              生駒氏の邸址
                    
                                     愛知県江南市小折町



                              家系図

                                          生
                                         駒
                                         家
                                         広
                                     __|
                             土      |  |
                             田____女  生
                             秀  |   子  駒
                             久  |      豊
                             __ |       政
                             |  |      |
                             政  泰      
                             久  久      
                          __|          |
                         |  |           親
                           土___信    正
                           田  |  秀    |
                             御  |        |
                             前  信______吉
                                長   |   乃
                                 __|
                                |   |
                                信  信
                                雄  忠



                   吉乃は夫の死後信長の側室に。一正と吉乃は兄弟。
                   土田秀久は明智氏の家臣といわれる。(土田城は、
                   明智光秀の出生地の周辺であることは確かです。)
                   土田親重は幼時に生駒豊政の養子となる。
                   (太字の親重は同一人物)


                               生駒氏
                   秀吉の時代、戦功により、6万石讃岐国丸亀城主まで
                   なっている。
                   関ヶ原の戦いの時、親正は西軍に属し、子の一正が
                   東軍に属し、戦後、親正は罪を謝し高野山にのぼる。
                   子の一正は、父・親正の本領讃岐17.18万石を領した。
                   4代藩主高俊の時、「生駒騒動」が起こり、讃岐国より
                   出羽国由利郡矢島1万石に転封となった。


                   小折の生駒家の近くに蜂須賀家屋敷がある。

                         蜂須賀家屋敷跡
                  
                           
愛知県江南市宮後町


                   関ヶ原の戦いの時、生駒家と蜂須賀家は似たような行動を
                   とっているのである。


                                戻る