池田輝政陣跡



岐阜県不破郡垂井町垂井



池田輝政陣跡
小牧・長久手の戦いで父と兄が戦死すると家督を
継ぎ、池尻城主、大垣城主、岐阜城主を経て、三河
吉田15万2000石の領主となりました。徳川家康の
息女督姫をめとりました。関ヶ原合戦では東軍に属
し、織田信秀のこもる岐阜城を攻略。合戦当日は
南宮山の西軍に備え、御所野に陣を構えました。
合戦後は姫路52万石に加増、姫路宰相と呼ばれた。




戻る