井伊直弼誕生地


井伊直弼誕生地




槻御殿
第4代藩主井伊直興が延宝5年(1677)に着手し、
同7年に完成したもので、下屋敷として築造され
木材は槻(ケヤキ)でその華麗さは各大名も驚嘆
したものである。大老井伊直弼は、文化12年
(1815)10月29日ここで生れた。これらの建物は
数棟の東屋よりなり、今日に至るまでしばしば修理
が加えられたが、往時のおもかげをとどめている。
第12代藩主井伊直亮が文化年間(1804〜1817)
に楽々之間を増築して以来、槻御殿という正式の
名よりはむしろ楽々園の名の方が有名になった。
楽々園の名は、「仁者は山を楽しみ、智者は
水に楽しむ」の意からとったといわれ、民の楽を
楽しむという仁政の意をもっているともいわれる。








戻る