井伊大老(直弼)歌碑





あふみの海 磯うつ波の いき度か
御世にこころを くだきぬるかな

安政7年(1860)正月、直弼は、正装姿の自分の
画像を御用絵師狩野永岳に描かせ、この自詠の
和歌を書き添えて、井伊家菩提寺の清凉寺に納め
られたと伝えられる。この歌は琵琶湖の波が磯に
打ち寄せるように、世のために幾度となく心を砕い
てきたと、幕府大老として国政に力を尽くしてきた
心境をあらわしている。直弼はこの二ヶ月後の
3月3日、江戸城桜田門外で凶刃に倒れた。






戻る