井伊直弼


井伊直弼
井伊直弼
滋賀県彦根市
第13代彦根藩主。                    

彦根城
彦根城

井伊直弼
開国の英雄井伊直弼は、藩主直中の子として生まれ
たが、5歳にして母と、17歳にして父に死別し、わずか
300俵の捨扶持で17歳から32歳だでの青年時代を
埋木舎で過ごし、もっぱら心身の修練につとめた。
ところが思いがけなく嘉永3年(1850)36歳のとき、
彦根藩主となり安政5年(1858)大老職となった。
時に44歳。嘉永6年6月アメリカのぺりー日本を
訪れて開国をせまり、以来鎖国か開国かと国内は
非常に混乱した。大老井伊直弼は我国の将来を
考えて安政5年(1858)6月開国を断行、これに調印
し外国と修交を結んだのである。この大偉業をなし
とげた直弼も大老の心情をくむことのできなかった
人々によって万延元年(1860)3月3日桜田門外で
春雪を血に染めて消えた。時に46歳であった。
この銅像は、井伊直弼が最後の官職であった
正四位左近衛中将の正装をうつしたものである。


彦根城内




彦根城
滋賀県彦根市
1858年、大老に就任。開国を主張し、日米修好通商
条約に調印。                        
1860年江戸城桜田門外で暗殺される。       

桜田門




井伊直弼像

横浜市



戻る