井伊掃部頭邸跡



千代田区永田町

井伊掃部頭邸跡
(前加藤清正邸)
この公園一帯は、江戸時代初期には肥後熊本藩主
加藤清正の屋敷でした。加藤家は2代忠広の時に
改易され、屋敷も没収されました。その後、近江彦根
藩主井伊家が屋敷を拝領し、上屋敷として明治維新
まで利用しています。(歴代当主は、掃部頭を称しま
した)幕末の大老井伊直弼は、万延元年(1860)3月
に、この屋敷から外桜田門返済向かう途中、水戸
藩主に襲撃されました。        (案内板より)







戻る