徳川家康フォトA


                            東照公遺訓碑
                  
                              愛知県岡崎市

                             東照公遺訓
                  人の一生は重荷を負うて遠き道を行くがごとし。いそ
                  ぐべからず、不自由を常と思えば不足なし、こころに
                  望みおこらば困窮したる時を思い出すべし。
                  堪忍は無事長久の基、いかりは敵とおもえ、勝つ事
                  ばかり知りて、まくること知らざれば害その身にいたる。
                  おのれを責めて人をせむるな、及ばざるは過ぎたるよ
                  りまされり。
                                 慶長8年1月15日  家康


                              家康公遺言
                  
                                     愛知県岡崎市

                          家康公遺言
                  わが命旦夕(たんせき)に迫るといへども、将軍斯(か)
                  くおはしませば、天下のこと心安し、されども将軍の
                  政道その理にかなわず億兆の民、艱難(かんなん)
                  することあらんには、たれにても其の任に代らるべし、
                  天下は一人の天下に非(あら)ず天下は天下の天下
                  なり、たとへ他人天下の政務をとりたりとも四海安穏
                  (しかいあんのん)にして万人その仁恵を蒙らばもとよ
                  り、家康が本意にしていささかもうらみに思うことなし

                                        元和2年(1616)


                            

                               戻る