徳川家康フォト@

                            岡崎城
                
                           愛知県岡崎市


                

                岡崎城の大林寺郭堀跡で安土桃山時代末期に築か
                れたとみられる二段になった防御用の強固な石垣が
                見つかった。石垣は天守から五百メートルも離れて
                おり、日本の城として江戸城、豊臣政権下の大阪城、
                拡張を繰り返した幕末の姫路城に次いで四番目に
                巨大な城だったことが証明された。
                                 中日新聞(H19.11.4)

                

        

                          産湯の井戸
                
                                  愛知県岡崎市
                1542年徳川家康が岡崎城内で誕生。
                この井戸の水を汲み、産湯にしようした。

                            えな塚
                
                           愛知県岡崎市
                徳川家康のえな(胞衣)を埋めた塚。もと本丸南にあ
                ったものをここに移す。


                         岡崎公園時計塔
                

                この時計塔は、徳川家康公のふるさと岡崎にふさわ
                しい和風のからくり時計で、定刻になりますと家康公
                のからくり人形が現れて、照明と音響の演出で能を
                舞います。

                


                            戻る