徳川家茂


呂久の渡し、呂久渡船場跡




天正時代織田信長が岐阜に在城し、天下統一のため
京に近く交通の要衝である近江の安土城に居所を移し
た頃から美濃と京都の交通がひんぱんとなり赤坂ー
呂久ー美江寺ー河渡ー加納の新路線が栄えた。
これが江戸時代の初期に整備されて五街道の一つ
中山道となり、この呂久の渡しもそれ以来交通の要所
となった。慶長15年(1610)頃、この呂久の渡しの船頭
屋敷は13を数え、中でも船年寄馬渕家には、船頭8人、
助務7人が置かれていた。その頃の川内は、平水だ90m、
中水で120m、大水では180mに及んだといわれている。
文久元年(1861)には、皇女和宮親子内親王が中山道
をご降嫁の折この呂久を渡られ、その折船中から東岸の
色鮮やかに紅葉した楓を眺めこれに感懐を託されて
「落ちて行く身と知りながらもみじ葉の人なつかしく
こがれこそすれ」と詠まれた。後に和宮様のご遺徳を
しのび、昭和4年(1929)この呂久の渡しの地に歌碑を
中心とした小簾紅園が建設され、昭和45年(1970)
には巣南町指定の史跡となった。この呂久の渡船場は、
大正14年(1925)木曽川上流改修の揖斐川新川
付替工事完成によりこの地より東へ移り現在の揖斐川
水流となり長い歴史を閉じることとなった。




皇女和宮の歌碑


仁孝天皇の皇女和宮親子内親王は将軍徳川
家茂との結婚のため、文久元年(1861)10月
20日京都桂御所を御出発、中山道を通行して
江戸に向われた。同年10月26日当地加納宿本陣の
松波藤右衛門宅(現在地)に宿泊された。その時、
自分の心情を詠まれたという歌が伝えられる。
遠ざかる 都としれば旅衣
一夜の宿も 立うかりけり
この歌は「「宮内庁書陵部所蔵の静寛院宮御
詠草」に収められており和宮の直筆である。
本年は中山道宿駅制度が設置されて四百年
記念に当り、幕末の日本の国難を救ったと言わ
れる公武合体のため、結婚された和宮の遺徳を
偲んで、本歌碑を建立する。平成14年6月吉日
中山道加納宿文化保存会





戻る