一宮城


                     
                               一宮市本町

                     この城に住んでいた関氏は平重盛の子孫で、伊勢
                     関氏の一族である。関長安は、はじめ織田信長に、
                     のちに秀吉に仕え、天正12年(1584)、小牧山の戦
                     で長久手に戦い、討死した。
                     この城は、豊臣秀吉も立寄ったことがあるが、のち
                     には織田信雄の家来の不破源六広綱の城となり、
                     天正18年広綱が去ってから廃城になった。

                     
                                 一宮城
                     関十郎右衛門長重は真清田神社の神官で、神社と
                     社領を守るためこの城を築いた。

                     
                              愛知県一宮市本町

                             一宮城主関氏三代塔
                     
                               一宮市大江・常念寺

                                   戻る