藤井松平家


藤井城

安城市藤井町本郷

安祥城に拠点を構えた安城松平氏は、その勢力
を拡大して安定をはかるため、一族を福釜・桜井・
藤井などに配置しました。藤井城は、南の東条氏・
吉良氏に備えての藤井松平氏の居館跡をです。
安城松平二代長親の五男・松平利長を藤井松平
初代として、二代目信一は、長沢の合戦・一向一
揆等に戦功がありました。天正18年(1590)、徳川
家康の関東移封にともない下総国相馬郡布川(現
在の茨城県下館市)へ移り、ここは廃城となりまし
た。台地の東端に築かれた城であり、水田に囲
まれ、土塁の遺構があったと伝えられています。






戻る