二俣城



浜松市二俣町

徳川信康自刃事件
大久保忠世が在城中に起こった事件として、有名な
ものに家康の嫡子信康自刃事件がある。一般には、
信康とその母築山御前が武田氏と通じていたことを
理由に、織田信長が信康を切腹させるように家康に
命じたとされている。家康はこれを受けて信康を
天正7年(1579)9月15日、二俣城で切腹させた。
この事件は戦後哀史として広く知られている。








戻る