深溝(ふこうず)城



額田郡幸田町深溝

深溝城は、14世紀初めに築城された平山城で、
面積7千uほどであった。初代深溝城主は大庭氏。
二代城主は松平氏。初代忠定が大庭氏を大永年間に
討つ。二代目好景、三代伊忠、四代家忠まで在城し、
家忠が天正18年(1590)に関東に移る。慶長5年(1600)
五代忠利が移り、深溝1万石が成立。慶長17年(1612)
吉田城に移る。三代城主は板倉氏、慶長19年(1614)
に板倉領となり、重昌により寛永元年(1624)深溝藩
が成立。寛永15年(1638)島原の乱で重昌は戦死。
長男重矩は中島藩に移り、次男重直が8千石の
旗本となり陣屋として明治に至る。





戻る