北条時宗


円覚寺

鎌倉市山ノ内

円覚寺は、瑞鹿山円覚興聖禅寺と号し、臨済宗
円覚寺派の大本山である。弘安5年(1282)鎌倉
幕府8代執権北条時宗が開基となり、中国の
名僧無学祖元を開山第一世にむかえて開堂
した。創建の趣旨は、国家を鎮護し、仏法を紹隆
すると共に、文永・弘安の度重なる蒙古の襲来で
戦没した敵味方の霊をなぐさめる為であった。

開基廟


開基廟
円覚寺大檀那である北条時宗・貞時
・高時をお祀りしてある。





戻る