豊国廟


豊国廟

京都市

豊臣秀吉の廟所である。
慶長3年(1598)8月18日、秀吉は齢63歳を以って
伏見城にて薨じた。遺体は、遺命により、ここ阿弥
陀ヶ峰中復に葬られ、墳上には祠廟、山麓には社殿
が建立された。翌年4月18日、遷宮式が行われ、後陽成
天皇から正一位豊国大明神の神階と神号を賜り、
以後、毎年盛大な祭礼(豊国祭)が取り行われた。
しかし、元和元年(1615)豊臣氏の滅亡と共に、廟は破壊
され、墳墓に弔する人もなく、空しく風雨にさらされていた。
明治30年(1897)、秀吉300年忌に際し、廟宇が再建され、
墳上には巨大な五輪石塔が建てられた。
なお、社殿は明治13年(1880)、旧方広寺大仏殿の
地に、豊国神社として再建されている。

宝厳寺

唐門

長浜市・竹生島

唐門は豊臣秀吉の遺命にしたがって秀頼が
京都・東山の豊国廟から移築したもの。
唐破風は桃山時代を象徴する造り。



徳川家康は、門を地中へ深く埋め込み、
卑小に見せかけるよう指示したといわれる。






戻る