發知氏


大平古城の碑

岡崎市大平町字中天

大平地内には、大平才勝城はじめ中世城館が四箇
所あったとされています。現在では城館の痕跡を示
すものはこの石碑以外何も残っていません。碑文に
よれば、城主の發知(ほっち)氏の祖は藤原秀郷
の末裔で、足利義詮(室町幕府二代将軍)の時代に
この地に城館を築きました。以後、その子孫は松平
清康に仕え松平家の家臣となりましたが、後に帰農
してこの地の住人になったとされています。また、碑文
に百雉城と記されていますが百雉とは百丈の広さ
を意味しており、この城館が大城であったことを物語
っています。發知氏はもともと柴田氏でしたが、弓の
名手として徳川家康に仕えたことから、総領嫡子のみ
發知と名乗ることが許されたと伝えられています。




戻る