堀田家住宅



津島市南門前町1丁目2番地の1

堀田家由来書に若き日の秀吉の痕跡が残されていた。
豊臣秀吉が幼少の頃、奴僕として仕えていたとある。

天下統一!三武将SP H20.1.4放映より



H20.1.6、堀田家住宅に行ってみました。受付の方が
何人かの人が、テレビ放映により来られたとのこと。
豊臣秀吉が幼少の頃、丁稚として仕えていたという
言い伝えがあると教えていただきました。

さらに、番組は清洲古老の話を記録した祖父物語より、
豊臣秀吉の親類縁者は商人であったと説明していた。

堀田家由来書は販売していませんでした。今後に期待。


さらに、堀田家の近くの勝幡城で織田信長は生を
受ける(1534)。ひょっとしたら織田信長と豊臣秀吉
の接点はこのあたりにあったのかもしれませんね。


勝幡城址
愛知県稲沢市平和町城之内53-2



戻る