堀川城



浜松市北区細江町気賀

日本中が戦乱に明け暮れた室町時代の終わりころ、
この地方は今川氏の勢力下にあった。永禄3年
(1560)の桶狭間の戦いで、義元が戦死した後、
土地の人々はここに城砦を築き地名にちなんで
堀川城と名づけ、刑部(細江町中川)にも刑部城を
築き、徳川家康の遠州侵攻に備えた。永禄11年
(1568)刑部城を落とした家康は、翌12年3月27日
に三千の軍を率いて堀川城に攻め入った。男も女
も戦える者およそ二千人は、すべて城に立て籠って
抵抗したが、みるまに落城した。この戦いに加わった
大久保彦左衛門が書いた三河物語には「男女とも
になで切りにぞしたりける。」とある。残った人々も
徹底的に捕らえられ、9月9日ことごとく首を打たれた。
3月27日の戦いでおよそ千人、9月9日に七百人余、
当日の住民の半数以上の犠牲者を出したと伝えられる。






戻る