本多忠真


本多肥後守忠真顕彰碑

浜松市



この碑は、本多肥後守忠真の忠義を称えて、第17代
本多子爵により、明治24年に建立されました。本多
忠真は、徳川草創期を支えた徳川四天王の一人で
ある本多忠勝の叔父にあたる武将です。本多忠真は、
三方原の戦いで武田軍に大敗した徳川軍の中にあっ
て、撤退に際し、殿(しんがり)を買って出ました。道の
左右に旗指物を突き刺し、「ここから後ろへは一歩も
引かぬ」と言って、武田勢の中に刀一本で斬り込み、
39歳をもってこの地で討ち死にしたと伝えられています。
忠真の子、菊丸は父の命により家康を援護し浜松城に
無事退却しましたが、父の最後を前にし、友が次々と死
んでゆくのを見た彼は無常を感じ、父の遺骸を三河に葬
ったあと出家の道を歩むことになりました。この碑には
本多家が代々松平家・徳川家に仕えたこと、本多忠真
が数々の戦で功績を残したことが記されています。また、
碑の題字「表忠彰義之碑」は、徳川家16代家達公に
よって書かれています。          (案内板より)


戻る