本多作左衛門重次


犬頭神社

岡崎市宮地町

701年に、今の上和田町にある糟目というところに
建てられたので、糟目神社と呼ばれていた。しかし、
たびたび洪水にあったため、現在地へ移されたと
伝えられる。境内には、越前鯖江産の凝灰岩の狛犬、
唐猫、鳥居などの石造文化財や本多作左衛門重次
誕生碑、新田義貞の首塚と伝えられる祠がある。
また、神社にまつわる伝説もいくつか残っている。

本多作左衛門重次誕生碑


新田義貞の首塚



戻る