一言坂古戦場



磐田市豊田町一言

一言坂の戦い
この坂を「一言坂」といいます。元亀3年(1572)甲斐
国(山梨県)から攻め込んできた武田信玄と遠江国
(静岡県西部)の領主であった徳川家康との間に戦
いが起こりました。袋井市の三箇野川の戦いで敗れ
た徳川軍は、浜松城を目指して敗走しましたが、一言
坂で追いつかれ、再び合戦となりました。これが「一言
坂の戦い」です。この時に敗走する徳川軍を救ったの
が、家康の重臣の「本多平八郎忠勝」でした。平八郎
は「とんぼ切り」といわれた大槍を振り回しながら一人
奮戦し、枯れ草に火をかけ、その煙の中、見事に味方
の軍を退却させたと伝えられます。敵の武田軍も、この
時の武勇をたたえ、「家康に過ぎたるものがふたつあ
る。唐の頭(兜)に本多平八」と書いた札を磐田市国府
台に立てたといわれます。        (案内板より)











戻る